何も手につかなくなってしまったら・・・

更年期の治療法

 

更年期障害の治療

 

更年期障害の治療法ということですが、現在病院などでは

  • ホルモン補充療法
  • 漢方薬による治療
  • 各種対症療法(不眠であれば睡眠薬など)

の方法が用いられています。

 

それとは別に、薬局や通信販売、ネット販売などでも症状改善に役立つサプリメントや漢方薬、飲食物による体質改善、日常生活による体質改善などの方法により自己治療を行うことも出来ます。

 

このサイトでは主に後者である「自分で出来る治療法」に重点を置いてご紹介していきます。特にサプリメントは現在急速に成長している分野であり、更年期障害の分野でも非常に注目されていますので、治療法の一つとしてぜひ役立てて頂きたい方法だと思います。

 

更年期障害とサプリメント

 

更年期障害という症状は、ホルモンの乱れから引き起こされ、主に自律神経のバランスを崩すことなどが原因となり不快症状が発生します。

 

ヒトの体というのは自律神経のバランスが崩れると、体内の栄養バランスも崩れるということが分かっており、更に状態を悪化させます。そのような栄養バランスの崩れを是正するものとしてサプリメントがあります。

 

サプリメントは様々な栄養素を補うことに優れ、更に女性ホルモンの不足も補うことが出来ます。このように体に足りないものを補えるサプリメントを上手に取り入れることが、症状改善の近道なのです。

 

 

更年期障害の不快症状を緩和してくれる飲食物

 

更年期障害の不快症状は人によって大きな幅があり、ケースによっては十分飲食物などを症状緩和に役立てることが出来ます。更年期障害の不快症状改善に活躍漢方薬なども、元は食べ物などから生成されているので、飲食物のもつパワーを侮ることは出来ません。

 

そんな飲食物の中で主に更年期の症状を緩和させる働きを持つのが、バナナやチーズなどセロトニンの材料になり脳の興奮性を緩和させてくれる働きのあるものになります。更にプラスしてエストロゲンを増やす作用のあるものなどを用いると効果的です。

 

更年期障害と漢方薬

 

漢方薬は何千年も前から人体に対して用いられてきており、当然、更年期障害の不快症状にも用いられ効果をあげてきたとされています。

 

それは現代でも同様であり、実際の店頭でも更年期障害の不快症状を訴えるお客様の多くに、各種体質に合った漢方薬をおすすめして喜ばれています。

 

気になる効果の方は、体質や症状に合致している薬を飲めば劇的に症状を緩和させることが出来ますが、ピントがずれているものを用いている場合には、当然症状を緩和させることは出来ません。このように漢方薬は非常にデリケートな処方選びを必要とするのが特徴です。

 

更年期障害時のホルモン治療とガンの関連性

 

更年期障害の症状を改善させるためにホルモン治療が行われる場合がありますが、ガンの発生率が高まる可能性があると言われており非常に関連性が高いと考えられます。

 

ただし、きちんと医療機関で定期的に検査を受けながらホルモン治療をしている場合はそのリスクはさほど心配する必要はないとも言われています。いずれにしても自己判断ではなく、医師の診断を受けて適切な治療を受けることが大切です。

 

 

更年期障害の基礎知識

 

更年期障害の基礎知識を説明

更年期を迎え体調の変化が顕著に現れるようになると、更年期障害として不快な症状が出やすくなります。自分自身はもちろんですが、身近な人が更年期障害になると辛い思いをしながら過ごすことになります。

 

正しい知識を持たないまま苦しんでいては何も解決できません。不快な症状が一日も早く改善するためにも、正しい知識を持って適切な治療を受けることが大切です。

 

ここでは更年期障害に関する様々な基礎知識をご紹介します。

 

更年期障害の症状チェック

 

更年期障害の症状をチェックして自分が本当に更年期障害なのか確認することが可能です。早期発見で適切な治療を開始することで不快な症状を悪化させずに済みます。自己判断ではなく、専門家である医師にご相談ください。

 

 

 

更年期障害の症状は人によって様々

 

更年期障害の症状は人によって様々です。不快な症状が強く現れて日常生活に支障が出る方もいれば、ほとんど感じられない程度の方もいます。あまりにも辛い症状を放置するのではなく、早めに医療機関を受診することが大切です。

 

 

 

更年期障害になってしまう人とならない人の差とは

 

更年期障害の症状が現れるのは個人差があります。女性ホルモンの減少スピードが早いほど不快な症状が現れやすくなります。

 

 

 

更年期障害と間違われやすい病気とは

 

更年期障害は様々な症状が現れるため、他の病気と間違えて正しい治療が遅れてしまう可能性があります。特に注意したいのは甲状腺や脳、子宮周辺の病気です。異変を感じた場合はできるだけ早めに医師へご相談ください。

 

 

 

更年期障害の原因とは

 

更年期障害が起こるのは閉経に伴ってホルモンバランスが大きく変化することが原因になります。人によっては不快な症状がほとんど感じられない人もいるのは、ホルモンバランスの乱れにも個人差があるからです。

 

 

 

更年期障害にて不快症状が出る人の割合

 

更年期障害によって不快な症状が現れる人は、自覚症状のあるなしに関わらずほとんどの閉経した女性に該当すると考えられます。不快な症状が見られた場合は速やかに医師に相談をし、日常生活ではできるだけストレスを溜めないように暮らすことが大事です。

 

 

 

更年期障害に苦しんでいる方に対する接し方

 

更年期障害の症状に苦しんでいる人と接する場合は、相手の心情を察して理解してあげることが一番大事です。できるだけ相手の要求に答えるようにして、元気そうな時には普通に接するようにしてください。

 

 

 

男性更年期障害について

 

男性も更年期障害を引き起こす可能性があります。男性も女性と同様にホルモンバランスの乱れが原因で更年期障害が起こると考えられます。
生活習慣を改善し、不快な症状に対する対処療法が主な治療となります。

 

 

 

若年性更年期障害は何歳から

 

更年期障害といえば40〜50代頃の方によく見られる症状ですが、中には30代頃から発症する若年性更年期障害になる事例もあります。生活習慣やストレスなどでホルモンバランスが崩れるのが原因になるため、規則正しい生活やストレス解消を心がけましょう。

 

 

 

更年期の性生活について

 

更年期障害によって性生活にも大きな変化をもたらす場合があります。女性だけでなく男性にも同様の変化が見られる場合もあります。パートナーの理解を得るようにして、夫婦関係に亀裂が入らないように過ごすことが大切です。

 

 

 

更年期と肥満の関連性について

 

更年期になると肥満傾向になるのはホルモンバランスの乱れで脂肪を溜め込みやすくなるからです。女性ホルモンは多すぎても少なすぎても肥満の原因になるため、丁度良いバランスを維持することが大切です。

 

 

 

更年期障害と円形脱毛症の関連性について

 

更年期障害の悩みを抱えている人の中には円形脱毛症が現れる場合があります。
女性ホルモンの急速な減少でコラーゲンが不足し、髪の成長に悪影響を及ぼしているからだと考えられます。

 

参考サイト:美容師が教える更年期障害による女性のための薄毛ケア

 

 

 

更年期障害と血圧の関係性について

更年期障害を引き起こすと高血圧になる理由

 

更年期障害の症状と同時に血圧が上がったと言う方が多く見られますが、自律神経の乱れで交感神経が優位になって緊張状態にあるため血圧が上がると考えられます。一過性のものか、慢性的なものかを素人が判断するのは難しいため、必ず医師にご相談ください。

 

 

 

更年期障害と不眠の関係性について

 

更年期障害の症状として不眠症が見られる場合があります。不快な症状によって体力が失われつつあることや、自律神経の崩れで睡眠の質が悪くなったためと考えられます。安易に睡眠薬に頼るよりも、日常生活でリラックスできる環境を整える工夫を心がけましょう。

 

 

 

更年期障害とうつ病の関連性について

 

ホルモンの急激な変化により更年期障害を引き起こしますが、ホルモンの変化によりうつ病を発症する危険性もあります。無理をしないで休息をとりながら社会復帰をする日を目指していきましょう。

 

 

 

更年期障害とシェーグレン症候群の関連性について

 

更年期障害を発症するとシェーグレン症候群の不快症状も現れることもあります。ホルモンバランスの乱れで体のあちこちが乾燥しやすくなり、免疫力が低下することなどが原因になります。

 

 

 

更年期障害とめまいの関連性について

 

更年期障害によりめまいの症状が現れることがありますが、原因によってリラックスをするか体を元気にさせるなど改善方法が異なるため原因を探ることが大切です。

 

 

 

更年期障害と関節痛の関連性について

 

更年期障害によってホルモンバランスが崩れると、本来関節の炎症を抑えるはずの効果が薄れて関節炎を引き起こす可能性が高くなると考えられています。

 

 

 

更年期障害と骨粗鬆症の関連性について

 

更年期障害を発症すると同時に骨粗鬆症になる方も多いですが、食事や日光浴などの生活習慣を意識することである程度改善させることも期待できると言われています。

 

 

 

更年期障害と摂食障害の関連性について

 

更年期を迎える頃に拒食症や過食症といった摂食障害を引き起こす場合があります。原因になっている自律神経の乱れを改善し、食に対する執着心を無くすことが大切です。

 

 

 

更年期障害と不整脈の関連性について

 

不整脈の中でも病院で特に治療をする必要がないと診断される期外収縮は自律神経の乱れで起こる症状です。更年期障害により自律神経の乱れが生じるため、期外収縮の不整脈が起こる場合もあります。

 

 

 

更年期障害時の肥満と痩せについて

 

更年期障害になったことで急に太ったり痩せたりする人がいます。肥満の原因は女性ホルモンが減ることと過食によるもので、痩せる原因は交感神経の影響で代謝が良くなるからです。

 
試して良かったの声が多い4,50代におすすめの更年期対策サプリ


スポンサードリンク