何も手につかなくなってしまったら・・・

更年期障害と円形脱毛症の関連性

円形脱毛症で悩む女性

更年期障害と髪の悩みを訴える方が急増します。その中でも円形脱毛症の悩みを訴える方が多くなっています。
更年期障害と円形脱毛症の関係性についてご説明します。

 

髪の健康を守るコラーゲン

髪の毛の毛根というのは皮膚のコラーゲン層から生えています。髪の毛は血管から栄養をもらっているのではなく、コラーゲン層より栄養をもらい育っているのです。
よって、コラーゲン層の健康が一番髪の毛の健全性に関わっているといえるのです。

 

コラーゲンは全身に分布していて、髪の毛の育成だけのための存在するわけではありませんが、コラーゲンの質を一番反映するのが髪の毛というのは確かです。

 

コラーゲンと女性ホルモン

髪の毛の健全性を保つのに重要なコラーゲンですが、女性ホルモンと密接な関係性があります。女性ホルモンであるエストロゲンは、コラーゲンの代謝に深く関わっており、不足するとコラーゲンの質に影響するということが分かっています。

 

男性に比べて女性の髪が美しいのはエストロゲンの分泌が影響しているとされています。

 

更年期にはエストロゲンが減少

エストロゲンが減って困る女性

コラーゲンの代謝に重要な役割を果たしているエストロゲンですが、更年期に減少することが分かっています。

 

更年期になると、エストロゲンが急激に減少することにより、コラーゲンの生成に障害が引き起こされ、それにより髪の健全性が失われてしまいます。

 

円形脱毛症の原因

以上のような理由でコラーゲン代謝が乱れると、頭皮のコラーゲンの変質も引き起こされます。全体的にコラーゲンの破壊が行われれば全体的に頭髪が抜け落ちてしまいますが、更年期による乱れは部分的に発生することが多く、多くの場合はつむじ部分の薄毛や円形脱毛症として現れます。

 

当然、これだけではなく、女性でも男性のように額が徐々に後退するというケースもありますし、頭頂部だけ薄くなるというケースもあります。

 

改善方法

改善方法としては、女性ホルモンを増やす作用のある大豆イソフラボンやプラセンタなどを摂取するという方法や

規則正しい生活習慣

  • 規則正しい生活を送る
  • ストレスから遠ざかる
  • 新しい事にチャレンジする
  • 新しい出会いを求める
  • 動物性脂肪の摂取は控えめに
  • 質の良い睡眠を心掛ける

などの生活習慣もおすすめです。女性は外見を気にする人が多く、頭髪は特にその傾向が強いといえます。よって、円形脱毛症は早期に改善に導くということが求められます。

 

 

試して良かったの声が多い4,50代におすすめの更年期対策サプリ


スポンサードリンク