何も手につかなくなってしまったら・・・

更年期と肥満の関連性

ダイエットをしたい女性

肥満の改善は女性の永遠のテーマといっても過言ではありません。肥満は美の敵であり、まずは肥満を改善することが美を高めることへとつながります。

 

その肥満ですが、更年期と密接な関係性があることが分かっています。

 

女性の体は産まれてからずっとホルモンの変化に翻弄されているということが出来、肥満などの変化も同じくホルモンの影響を受けています。

 

よって、上手にホルモンの変化を見抜き、その都度その時に適合した生活を送ることが求められるのです。

 

エストロゲンの分泌が減少すると、太りやすくなる

 

更年期になると、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌が減少します。

 

エストロゲンの分泌が減少すると、脂肪などを溜めこみ易い体へと変化してしまうので、太りやすくなるのです。

 

エストロゲンの作用
  • 脂肪の燃焼を高める
  • 食欲の亢進を抑制する
  • 内臓脂肪の蓄積を抑制する

 

この作用は完全に閉経してから引き起こされるのではなく、徐々にエストロゲンの分泌が減り始める40代から徐々に表れてきます。

逆にエストロゲンの多すぎも肥満の原因になる

 

逆にエストロゲンの量が増えすぎてしまっても肥満の原因になります。エストロゲンはステロイドホルモンの一種であり、脂肪や水分などを体に貯蓄させるという働きがあります。

 

よって、適度にある分には肥満の防止に役立ちますが、増えすぎると肥満の原因になってしまうのです。何事も適度にバランスよくというのが健康に役立ちます。

高温期は太りやすくなる

注意を促す女性

女性の体は月経期、低温期、排卵期、高温期と4つの時期に別れており、このうちエストロゲンの分泌が高まるのが低温期です。

 

高温期にはプロゲステロンというホルモンの分泌が高まるのですが、このホルモンが曲者で体に水分や脂肪、糖質などを溜めこむという働きがあるのです。

 

月経周期では高温期に女性は太りやすくなるということになるので、この時期は十分肥満に気を付ける必要がある時期といえます。

試して良かったの声が多い4,50代におすすめの更年期対策サプリ


スポンサードリンク