何も手につかなくなってしまったら・・・

更年期障害にて不快症状が出る人の割合

 

更年期障害で肩こりが辛い女性

更年期障害は45歳から55歳の間に発症する方が多いと言われている症状ですが、日本全体の女性の中で2〜3割の方が「治療が必要な更年期障害」と診断されています。

 

閉経を迎えた女性の約3割に辛い症状が発生するという結果となっています。

 

治療は必要ないが不快症状を訴える人の割合

先ほどご紹介した割合は「治療が必要な更年期障害」でしたが、実際に更年期障害によって不快症状を訴える方の割合は75%もいるといわれています。なんと、7割以上の方が何らかの不快症状を訴えているということになります。

 

言い換えれば、閉経した女性のほとんどは多かれ少なかれ何らかの不快症状を訴えているということになります。

 

更年期障害の診断基準

更年期障害を診断する医師

更年期障害にて「治療が必要」と診断する基準ですが、これは血液検査にてホルモンの検査をし、その検査にて更年期障害と診断され、更に本人の不快症状の重さによって医師が判断します。

ホルモンの値が基準値以下でも、何ら不快症状がなければ治療の対象にはなりませんし、逆にホルモンが十分に足りている状態でも、本人の訴えが重い場合には適応になります。

 

更年期障害の症状が出る人出ない人

更年期において不快症状が出る場合と出ない場合とがあります。この差は何なのかというと、ホルモンの減少スピードに関係があるといわれています。

 

更年期になると誰でも女性ホルモンが減少するものですが、そのスピードが極端に減少してしまった場合、脳のその現象を「体の異常」と捉えてしまい脳が異常興奮します。その興奮が様々な不快症状をもたらします。

 

逆に、女性ホルモンの減少スピードが緩やかな場合は、脳がその現象に気付くことなく、いつの間にかホルモン分泌が止まっているという状態となるために、脳の興奮を招くことなく全く不快症状が出ないまま更年期を終えることが出来ます。

 

不快症状を少しでも和らげるために

更年期障害の原因は主に

  • 女性ホルモンの急激な減少
  • 脳の興奮性増大

によってもたらされるので、これらを防ぐような体作り、環境作りを行うようにします。これら二つの減少をもたらすこととして「ストレス」があります。

 

ストレス発散をする女性

ストレスは男性ホルモン有意となるような身体変化をもたらし、女性ホルモンを減少させ、脳の興奮性も増大させます。

 

よって、普段よりなるべくストレスを溜めこまないような生活スタイルを確立するということが大事になります。

 

また、いざ更年期障害になってしまった時にも、不快症状をストレスと思わずに楽しい事をすすんで行うようにすると、症状を緩和させることができます。

 
試して良かったの声が多い4,50代におすすめの更年期対策サプリ


スポンサードリンク