何も手につかなくなってしまったら・・・

若年性更年期障害

通常、更年期障害というと50歳前後の10年位を指します。つまり45歳〜55歳くらいの年齢をいうのですが、人によっては30代から更年期障害の症状を訴える方がいます。

 

通常よりもずっと早い時期に症状を訴える方のことを「若年性更年期障害」と呼びます。

 

若年性更年期障害が起きる年齢

若年性更年期障害の人

若年性更年期障害が起こる年齢としては、結論からいいますと何歳でも起きる可能性があるということになります。

 

早い人では20代から更年期障害特有の症状を訴え、その後月経が停止してしまいます。「私には関係ない」というのではなく、思い当たる症状があればすぐに医療機関を受診するようにしましょう。

 

若年性更年期障害の症状

  • 月経不順
  • 月経日数が少なくなった
  • 不眠
  • 冷え性が強い
  • 動悸息切れを感じる
  • 情緒不安定
  • ゴリゴリとしたニキビが増えた
  • 顔だけが火照る
  • 汗が沢山出る
  • 頭痛を感じることが多い
  • めまいがある
  • 関節痛を感じることが多い
  • 体がだるくてとにかく疲れやすい
  • 肌荒れしやすい
  • お腹の調子が常に悪い

などの症状があれば、若年性更年期障害の可能性が高くなります。

若年性更年期障害の原因

若年性更年期障害の原因として考えられるのが、ホルモンバランスの乱れです。

 

いくら脳がホルモン分泌の指令を送っても、卵巣がエストロゲンを分泌できなければ、体内のエストロゲン量が減ってしまい子供を宿す機能が低下してしまい、やがては閉経へと進んでしまいます。

ホルモンバランスが乱れる原因
  • 極端なダイエット
  • 強い慢性的なストレス
  • 偏った食生活
  • 体を疲弊させる運動の反復
  • 各種慢性病
  • 不規則な生活

などにより、体が疲弊して女性ホルモンの生成に必要な栄養の生成が出来なくなることにより引き起こされます。

女性ホルモンは生きていく為には必要ないものであり、生きるか死ぬかという状況に追い込まれると、体は女性ホルモンを停止させて生命活動維持の方を優先させます。

 

このような理由により早期に月経が停止してしまうのです。

若年性更年期障害の予防

予防には原因となる事柄を消していくということが第一となります。
まずは上に挙げたホルモンバランスが乱れる原因を改善すると共に

元気で積極的な人

  • バランスの取れた食事を心がける
  • 日常に運動を取り入れる
  • 恋や趣味に情熱を傾ける
  • 規則正しい生活を送る
  • 楽しいことばかり考える、行う
  • 何事にも積極的になる
  • 闘争、対立などから遠ざかる

などが重要となります。

慢性病などがない限り、若年性更年期障害の多くはストレスや心身の酷使、無理なダイエットなどから引き起こされるようです。よって、普段からそのようなリスクとなることを排除しながら生活していくことが大事です。

 

現代は夫婦共働きが普通となっていますが、働くということはストレスや体の酷使を生むことになり、リスクを増大させるということが懸念されます。

試して良かったの声が多い4,50代におすすめの更年期対策サプリ


スポンサードリンク