何も手につかなくなってしまったら・・・

更年期障害になってしまう人とならない人の差について

更年期障害が出る人と出ない人との差を一言でいえば「ホルモン減少スピードの違い」です。更年期になると皆さん女性ホルモンが減少しますが、その減少するスピードが不快症状の違いとなって表れます。

 

ホルモン減少スピードが運命の分かれ目

 

更年期障害が出た人

女性の月経が平均50歳で終わるということを考えると、誰しも一様に女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が弱くなるということが理解できます。

 

しかし、不快症状が出る人と出ない人がいるのはホルモン分泌量の減少スピードが違うからというのが答えです。

 

更年期になり急激にホルモンが減少すると、その大きな変化に対して心身がついて行けず様々な不快症状が出るのに対し、スピードが緩やかだと変化に対して心身が対応することが出来るので不快症状が出にくくなります。

 

他にも様々な理由がありますが、大きな原因としてはホルモン減少のスピードの速さということになります。

 

脳は変化を嫌う

 

脳は体内の健康状態を常にチェックしている場所です。ホルモンの急激な変化は脳を混乱させます。特に脳下垂体というホルモン分泌に関わる場所が興奮し、ホルモン分泌や自律神経系を混乱させ様々な不快症状を引き起こします。

 

減少スピードを緩やかにするには

 

女性ホルモンの減少スピードを緩やかにするためには、女性ホルモンを減少させる因子をなるべく排除するということが大事になります。減少させる要因を40代中盤から減らしておくことにより、閉経時における急激な減少を抑制させることができます。

 

女性ホルモンを減少させる要因
  • ストレス
  • 過剰な運動
  • 過剰な労働
  • 栄養バランスの偏り
  • 喫煙やアルコールの飲みすぎ
  • 睡眠不足
  • 免疫低下(体を冷やす、甘いものや動物性脂質、加工食品の過剰摂取など)
  • 精神的アンバランス
  • 極端な運動不足

以上を改善しつつ、女性ホルモンを増やす作用のある食べ物や生活習慣を送ることにより、減少スピードを緩やかにすることができます。

 

脳の興奮性を抑えることも大事

 

平凡な毎日を過ごす

体内の変化を大きく感じるか小さく感じるかは脳の感受性の高さ低さによります。

 

脳が興奮しやすい人の場合は少しの変化でも大げさに捉え不快症状が増しますが、興奮しにくい場合は対して不快症状は生じないという傾向にあります。

 

よって、なるべく安定した平々凡々な生活を送り、ストレスから遠ざかるということが重要になります。

試して良かったの声が多い4,50代におすすめの更年期対策サプリ


スポンサードリンク