何も手につかなくなってしまったら・・・

更年期障害と摂食障害の関連性

更年期障害の不快症状の一つとして摂食障害があります。摂食障害の症状と更年期障害との関連性、対策法についてご説明します。

 

更年期障害と摂食障害の関わり

 

摂食障害の人

摂食障害の原因とされているのは極端なダイエット志向と、ストレスによるものだとされています。

 

更年期障害はホルモンの急激な乱れによって引き起こされますが、急激な変化は体にストレスとなり自律神経を乱します。ストレスによる自律神経の乱れが摂食障害を引き起こします。

 

摂食障害の症状

 

摂食障害とは文字通り食べることに障害が起きるという疾病です。症状は大きく分けて2種類に別れます。1つ目は食べることが出来なくなる「拒食症」です。ストレスや極端なダイエットによって食べることが出来なくなり痩せていきます。

 

2つ目は食べ過ぎてしまう「過食症」です。一旦食べだすとブレーキが効かなくなり吐くまで食べてしまいます。この場合は肥満と痩せを繰り返す傾向にあります。

 

摂食障害の改善策

 

摂食障害は重症になってからでは自分で治す事はできません。自分では中々判断出来ないものですが、他人から見て明らかにおかしいと感じられる場合には即専門の医療機関を受診して入院治療を受けるようにします。

 

以上を踏まえた上で、摂食障害はなるべく初期のうちに治すということをおすすめします。重症になればなるほど改善が難しくなるからです。

 

更年期障害からくる拒食症の場合は過度の緊張、興奮からくるものなので、なるべく食事の時間を長く設け、アルコールでもたしなみながらリラックスできる相手との会話を楽しみリラックスするように心がけます。適当に間食することもおすすめです。

 

過食症の場合も同じで過度に脳神経が興奮していることが原因です。過食することによって脳が満足して興奮が収まるのを目的として過食が引き起こされているので、食事に変わることで脳を満足させるようにします。

 

    ペットとの生活で過食予防

  • 運動
  • スキンシップ
  • ペット
  • 趣味
  • 買い物

など、自分が満足することを行うことによって過食に走るのを抑制できます。

 

食べることへの執着

 

全てのケースに対していえるのが、食べるということへの執着が強いことにより発症する疾病なので、その執着を排斥するということが改善するために必要になります。

 

あまり深く考えずに、時間が来たら決まった量を食べるという習慣をつけるようにして、「食事をしたくない」「もっと食べたい」という気持ちを軽く流すように訓練するようにすることが改善への近道です。

試して良かったの声が多い4,50代におすすめの更年期対策サプリ


スポンサードリンク