何も手につかなくなってしまったら・・・

更年期障害の症状

更年期障害の女性

更年期障害という言葉は、女性ホルモンが劇的に変化する更年期に引き起こされる不快症状を表す言葉です。

 

全ての症状を総括しているので、一言に更年期障害といっても人によって様々な症状があり、その数は多岐に渡ります。その症状について、よくあるものから稀なものまでご紹介していきたいと思います。

 

更年期障害の症状としてよくみられるもの

  • 頭痛、肩こり
  • ホットフラッシュ(繰り返し襲う顔の火照り)
  • 情緒不安定(イライラや不安感など)
  • 不眠
  • 動悸、息切れ
  • めまい
  • 多汗、寝汗
  • 性欲低下
  • 疲れやすい
  • 体重減少
  • 冷え
  • 関節痛や筋肉痛
  • 耳鳴り
  • 性交痛
  • 頻尿
  • 食欲不振
  • 骨粗鬆症

それほど多くないものの引き起こされやすい症状、疾患

  • 尿失禁
  • 皮膚炎
  • 子宮がん、卵巣がん、乳がん
  • 大量の不正出血
  • 重度のうつ病
  • 心臓病
  • 脳卒中

 

以上の症状は全ての方に同じ症状が出るというのではなく、その人のホルモン濃度の低下具合や心身の強弱、感受性などに大きく左右され、弱い場所に不快症状が表れやすいという特性があります。

症状の強弱について

更年期障害の不快症状は人によって出方が大きく異なります。人によっては症状がとても強く出る場合がありますが、ある人ではほとんど感じない程度の方もいます。この差はいったいどのようなことが原因になっているのでしょうか。

 

原因として考えられるのが

  • 女性ホルモンの急激な減少
  • ストレス耐性が弱い
  • 性格

これら要因により症状が強く出る方と、そうでない方とに別れるのです。よって、改善法もこれらに対して適応するような方法を用いるのが一般的です。

 

更年期障害で気を付けること

更年期障害の症状はご覧のように多彩なので、実際には病気によって引き起こされている症状でも「更年期のせいだわ」などと放置されてしまい、治療が遅れることがあります。

 

場合によっては命に関わることもありますので、症状が強かったり、新たな不快症状が加わるなどの際には、すぐに医療機関を受診して診察を受けるようにしましょう。

 

更年期障害の不快症状は本当に辛いといいます。その辛さに負けてしまい引きこもりになってしまうというケースが多いようですが、引きこもっていても解決にはなりません。

 

人と関わってストレス発散

積極的に運動したり人と関わったりすると、気分も前向きになりストレス耐性がアップするということが証明されています。

 

自分自身で前向きに症状改善に取り組むということも、不快症状の早期改善には必要となります。

 

試して良かったの声が多い4,50代におすすめの更年期対策サプリ


スポンサードリンク